透析看護師って正直やりがいはあるの・・・?

透析看護師は、その業務内容故に「つぶしがきかない職業」と言われます。
それは裏を返せば、透析看護師は、高い専門知識と技術が求められ、
高度な看護技術が必要である事を示していると言えるでしょう。

 

透析看護師の仕事内容は、病院や透析クリニックによって異なる部分がありますが、
一般的には以下のようなものが挙げられます。

 

  • 穿刺、止血、抜針
  • 医療機器(コンソール)の操作
  • プライミング
  • 透析中のバイタルチェック
  • 患者の健康管理、自宅療養に対する指導

 

また、透析看護師は、長期間にわたって透析患者と関わる続ける事となるため、
高いコミュニケーション能力や、辛抱強く人と接しながら信頼関係を気づいていくという我慢強さが求められます。

 

日々、このような業務をこなす透析看護師ですが、やりがいについてはどうでしょうか?
まず、透析の仕事は他の診療科よりも業務内容が難しく、手技にも高いレベルが求められます。
それだけに専門スキルが向上した時に、自分の成長を実感できる、と感じる方も多いようです。

 

また、透析患者の方は「気難しい」「新人を極端に嫌がる」といった方が少なくないと言われていますが、
こういった方々と辛抱強く接しながらコミュニケーションを深め、
信頼を得た時には、大きな喜びを感じるという声も少なくありません。
また、患者さんやその家族から「ありがとう」という感謝の気持ちを貰うと、
仕事に張り合いが出るという方も多いようですね。

 

このように、透析看護師がやりがいや喜びを感じるには、
向上心や我慢強さ、高いコミュニケーション能力が必要となってくると言えます。
それだけに、人との触れ合いが苦手な方、穿刺・抜針をはじめとした手技をしたがらない方には、
透析看護師という仕事は魅力を感じられないかもしれません。

 

また、透析看護師は大変専門性の高い分野で働くため、
他の診療科への移動・転職が比較的難しいという一面もあります。

 

今後、病棟看護師として生きていきたい、将来的に地域医療に携わりたいなど
具体的な希望や要望がある方も、透析看護師には向いていないかもしれませんね。