透析看護師は具体的に何をするの?

腎臓の機能を失ってしまった人に絶対に必要なのが人工透析です。
血液浄化機能の無くなってしまった腎臓に代わり、
人工的にきれいな血液と浄化の必要な血液とを入れ替える方法で、
透析をする患者さんは定期的に病院や人工透析専門のクリニックに足を運ばなくてはなりません。

 

人工透析専門のクリニックには、透析看護師が居ます。
透析看護師の仕事は、一般の外来とは違い透析専門のクリニックならではの仕事があるようです。
具体的に挙げるならば、その仕事はまず透析の準備から始まります。
血液が固まらないように使用する抗凝固剤を、それぞれの患者さんごとに指定された分量の用意をします。
そして透析中や終了後に必要となる薬剤の用意もします。

 

そしてシャントの観察を十分に行います。
シャントに異常が無いかを良く観察し、
異常が認められた時には医師に報告をして、診察をした上で透析を開始します。
異常が無ければ、透析用の針を回路へ差し込み透析を開始します。

 

それでも針を刺したら一安心とは行きません。
透析中の患者さんの様態は変化し易いので、絶えず様子を観察する事が重要となります。
様態の変化があったり、患者さんの訴えがあったりする事は良くあることなので、
その時には直ちに医師に報告をして指示を受けて、
それを患者さんに説明するのも看護師の仕事となっています。

 

患者さんに対する指導も透析看護師の仕事です。
透析を受ける患者さんに必要な事は、体重管理と血液検査結果を見て水分や食事に関しての指導をします。
薬をきちんと服用しているかの確認を行う事も大切となります。

 

その他フットケアや定期採血の結果を医師に報告する事や
医師からの指示を患者さんに伝える事等、透析中も看護師の仕事は沢山あります。

 

透析が終了した時には、回路の中の血液を患者さんに戻して針を抜いて終了します。

 

透析看護はやり甲斐がないのでは?と考える方もいらっしゃいますが、
実は奥深く、日々勉強するべきことが多くある仕事です。